Archive of ‘仕事’ category

健康管理がメインになる乳児院での仕事

kanri

kanri乳児院勤務を希望している
という看護師は多くなってきていますよね。

いろいろな都合によって親元での養育が難しい
生後間もない赤ちゃんから1歳くらいまでの子どもたちが暮らしている乳児院では、
看護師は子どもたちの健康管理をメインとした仕事を行います。

 

もともと乳児期は少しの環境変化でも体調を崩しやすいため、
医師や看護師を配置しなければならないとされています。

児童養護施設にはこのような看護師の配置義務がないことを考えても、
乳児期はより看護が必要な状況にあるということが分かりますよね。

 

ただ、看護師の配置義務があるとしても、
決して数多くの看護師が配置されるわけではありません。

1~2人くらいの看護師でまかなっている
という施設が多いので、
比較的多くの責任が掛かってくるということになります。

 

責任はとても強くかかってはきますが、
逆にいうとそれだけ自分の能力を発揮しやすく、
存在をアピールしやすい職場ということにもなります。

子どもたちの健康管理がメインとはなっても、
他にもさまざまな仕事をこなす必要もあります。

 

たとえば健康診断や歯科検診などで
医師が外部から来るときにはそのサポートも必要ですし、
事務処理や書類作成などの雑務も任されることがあります。

保育士と共に子どものお世話もこなす必要もありますので、
フレキシブルに対応できる能力があり、
自分の力を発揮したいと思っている人に向いている職場なんですよ。

乳児院の仕事ってどんなもの?

shigoto

shigoto看護師の仕事の中でも
人気が出てきていると言われている職場に
乳児院があります。
でも、実際に乳児院では
看護師はどんな仕事をしているのか
よく分からない人も多いですよね。

職場選びをするにあたっては、
まずはどんな仕事をしているのかを確認しておきたいですよね。

 

乳児院は生後間もない乳児から
1歳程度の小さな子供たちが暮らしている福祉施設です。

看護師が行う仕事は
主にこの子供たちの健康管理になってきます。

 

ただ、この月齢の子供たちは、
ちょとした変化ですぐに体調を崩してしまうという特徴があり、
そのような場合でも適切な判断で対処をしていくことが必要になってきます。

 

病院勤務の場合でも、多少の事務仕事は行ってきたと思いますが、
乳児院では病院勤務時代に比べると
格段と雑務や書類作成といった事務仕事が増えてきます。

 

ただ、医療のスペシャリストとして
看護の業務に付くだけではなく、
事務仕事をはじめさまざまな仕事をこなす必要もあります。

保育士、栄養士、調理師などさまざまなスタッフも働いていて、
これらを兼務できる能力があると大変優遇されます。

 

つまり、看護師免許以外にも、
他の資格や免許も取得していれば採用されやすくなりますよ。

逆に、複数の資格を併せ持っていなければ、
看護師免許だけでは目立ちにくくなってしまうようです。

乳児院の勤務はスキルアップの機会にも!

sukiruappu

sukiruappu看護師の仕事の中には、
患者さんの急変に対応する能力が
必要になるケースは非常に多いですよね。

でも、急変に対応する能力というのは、
実は乳児院に勤務している看護師にも
非常に必要なものだといわれています。

 

乳児期の特徴として、
少しの環境変化でも体調を崩してしまう事が多く、
体調を崩すと急激に悪化してしまう事もあるというものがあります。

子どもたちの健康管理を行うことがメインである乳児院の仕事では、
このような急激に起こるトラブルには
すぐに対応することが出来る能力が非常に必要になってきます。

 

このような能力は、
看護師として働いていくうえで
非常に役立つものですよね。

 

病院に比べると
乳児院は他のスタッフとの関わり合いも非常に多い
という特徴もあります。

病院勤務の看護師は、ナースステーションでの応対が主で、
さまざまな職務のスタッフと仕事をする機会は
あまり多くありませんよね。

 

でも、乳児院ではさまざまなスタッフと仕事をするので、
コミュニケーション能力を養うことが出来ます。

他のスタッフの仕事につてよく知る機会にもなり、
多くの知識を吸収することが出来ます。

 

さらに、事務仕事や雑務などもこなす必要があるため
事務スキルについても高くなりますよ。

臨床の現場では
なかなか得ることが出来ないスキルを沢山得られますよ。

乳児院、どんな人が向いているの?

muiteiru

muiteiru小さな子供たちのお世話をすることになる乳児院には、
どのような看護師が向いていて、
どのような看護師が採用されやすいのでしょうか。

 

まず、乳児院の特徴として、
乳児は少しの環境変化でも体調を崩すことが多い
という点があります。

さっきまでキャッキャと笑っていたのに、
眼を離したすきにぐったりしている
ということも実際には多く見られます。

 

このような時には
咄嗟の判断によって行うケアが重要になることもあります。

そのため、
自分自身で咄嗟の時に判断をすることが出来る対処能力
というのは非常に求めらえるものになります。

 

乳児院には病院のように医師も在中していますが、
他にも保育士や児童指導員、
臨床心理士などさまざまな職責のスタッフも働いています。

 

このようなスタッフとの連携も
必要になってきます。

また、看護師の免許を取得しながら、さらに他の資格も持っている
とう人は施設側にとってはとても心強い存在として
優遇されやすいという特徴もあります。

 

たとえば看護師と保育士の両方の資格を持っていれば
医療従事者としての看護師の目線と、保育のプロである保育士の目線の
両方から子供のケアを担当することが出来ますよね。

そのため、乳児院の看護師を目指すのであれば、
プラスαの資格を取得するというのもおすすめですよ。