12月 2014 archive

乳児院看護師求人に合格するコツ

ijaewh

乳児院看護師に求められるスキル

ijaewh
最近乳児院での看護師の求人が増えていますが、
他の施設とは少し違った人物が求められる事が多いです。

というのも、乳児院という施設は看護師の仕事だけではなく、
他の仕事の能力も求められるからです。

 

ここでの仕事でメインとなるのは、
何と言っても乳幼児の健康管理です。

ここに預けられている子供は、
0歳から1歳ほどの乳幼児なので、
環境変化など様々な要因によって体調が崩れやすくなります。

 

こういった時に、
瞬時に対応出来る能力というのは非常に重要になってきます。

 

多様な仕事内容

自分で対処するだけではなく、
医師や病院などと連携して、
すぐに処置出来る状態を作っておくという事も大切です。

これは普通の医療機関でも求められる技能ですが、
ここでは雑務や書類作成の仕事も任されます。
そのため、事務的な能力もないと勤める事が難しいです。

 

他には子供の世話をするのが好きな人にも、
向いている職場だと言えます。

緊急の仕事がない時には、
保育士などに混じって子供の世話をする場合もあるからです。

 

こういった人物が求められるのですが、
それを見せるためにもいくつか資格を持っていると
非常に有利
になります。

事務員や保育士の資格、
心理カウンセラーなどの資格を持っていると
とても重宝されます。

 

乳児院ナースが持っておきたい資格

iahwefa
最近増えている乳児園でのナースの求人募集ですが、
病院などの医療機関などとは
少し違った条件の人材が求められ採用される傾向があります。

というのも、医療関係以外の仕事も多くあるため、
他の仕事にも対応できる人材が重宝されているからです。

 

その際に有利になる資格がいくつかあるので、
応募しようと考えている人は知っておくと良いです。

まず持っておくと良いのが、
事務関係の資格です。

 

乳児院の仕事でメインとなるのは、
何と言っても子供達の健康管理ですが、
それ以外にも書類の作成などの事務仕事も多く任されます。

そのため、事務関係の資格を持っておくと、
看護師の資格しかない場合よりも優遇される事が多いです。

 

さらに事務関係の資格というのは、
他の資格に比べると取りやすい物が多いので、
勉強してでも取っておいた方が良いです。

 

求人に有利となる資格はコレ!

後は心理カウンセラーの資格があると、
非常に有利です。こういった施設では子供だけではなく、
その親達にも心理的カウンセリングが必要になる事があります。

さらに心理カウンセラーの資格は持っている人も少ないので、
これを持っておくと大きな武器になります。

 

こういった施設というのは
様々な職種の人達が働いていて、
一つの職種の募集は少なくなっているので、

資格をとって少しでも
アピール出来るようにしておいた方が良いです。

 

乳児院看護師って、ちゃんと休日があるの?

hwagjoa

乳児院での看護師の仕事

hwagjoa
乳児院は児童福祉施設の1つで、
基本は1歳未満の乳幼児を預かる施設です。

親がなんらかの理由により
手元で子育て出来ないなどの事情がある子供達なので、
24時間365日の養育になります。

 

院によっては
就学時前までのお子さんを預かるところもあります。

乳幼児以外にも幼児の医学知識を必要とする場合があり、
夜間も病児を看護する必要が出てくる場合もあります。

 

また院によっては看護師も交代制で
夜勤を行っているところもあります。

そのような院では休みの取得方法として、
順次休日がとれるように
上手にシフトが組まれています。

 
 

休みはきちんともらえるの?

採用時の契約には年間休日、
夏期休暇の有無、年末年始の出勤の有無、
有給休暇日数などの記述が書いてあります。

もし、その記述がなければ
きちんと確認してから就職を決めるといいです。

 

さらに慶弔休暇や産前産後休暇、
育児休暇なども確認しておくといいです。

このように24時間フル活動の乳児院であっても、
かならず看護師にも
休暇が確保できるように配慮されているはずです。

 

もし、休暇がなかなか取れず
働き詰めになっているならば、
いつかは過労で倒れてしまいます。

そのような事態にならないよう、
上司と普段から相談し、シフトの組み方や
人員増加などの要望をするようにしておく
と、
しっかりと休みの確保が出来ます。

 
 

乳児院ナースの勤務体制

hwaoif
乳児院と託児所は大きく違う点が一つあります。
それはお迎えが来るか来ないかの違いです。

乳児院はいわば24時間施設にいるので、
常に職員が面倒を見なければいけない仕事だと言えます。

 

では、ずっとそばにいなければならない状況で
休みをきちんととることができるのでしょうか。

看護師も仕事ですから、
労働基準法が適用されます。

 

そのため、24時間体制で
見守らなければいけない赤ちゃんがいたとしても、
同じ職員が24時間そばにいなければならない
ということではありません。

これは、入院患者さんと同じで、
夜勤などのシフト制で、担当者が交代で見守るのです。

 
 

休日出勤もあり?!

赤ちゃんの場合は
自分の意思を伝えることが難しいので、
こちらから意識的に
目を離さないようにしなければならないのです。

休日は、
週休二日くらいは平均で取ることができるので、
他の企業とさほど変わりません。

 

ただ夜勤などの手当てがついたりするので、
給料は高くなります。

休日でありながらも、
緊急で出勤をしなければならないこともあるので、
休みの取り方も各々工夫しなければならないでしょう。

 

医療現場である程度経験を積んでいる人や、
小児科を担当している人などが
転職としてここに来ることもしばしばあります。