乳児院、どんな人が向いているの?

muiteiru小さな子供たちのお世話をすることになる乳児院には、
どのような看護師が向いていて、
どのような看護師が採用されやすいのでしょうか。

 

まず、乳児院の特徴として、
乳児は少しの環境変化でも体調を崩すことが多い
という点があります。

さっきまでキャッキャと笑っていたのに、
眼を離したすきにぐったりしている
ということも実際には多く見られます。

 

このような時には
咄嗟の判断によって行うケアが重要になることもあります。

そのため、
自分自身で咄嗟の時に判断をすることが出来る対処能力
というのは非常に求めらえるものになります。

 

乳児院には病院のように医師も在中していますが、
他にも保育士や児童指導員、
臨床心理士などさまざまな職責のスタッフも働いています。

 

このようなスタッフとの連携も
必要になってきます。

また、看護師の免許を取得しながら、さらに他の資格も持っている
とう人は施設側にとってはとても心強い存在として
優遇されやすいという特徴もあります。

 

たとえば看護師と保育士の両方の資格を持っていれば
医療従事者としての看護師の目線と、保育のプロである保育士の目線の
両方から子供のケアを担当することが出来ますよね。

そのため、乳児院の看護師を目指すのであれば、
プラスαの資格を取得するというのもおすすめですよ。

Comments are closed.