健康管理がメインになる乳児院での仕事

kanri乳児院勤務を希望している
という看護師は多くなってきていますよね。

いろいろな都合によって親元での養育が難しい
生後間もない赤ちゃんから1歳くらいまでの子どもたちが暮らしている乳児院では、
看護師は子どもたちの健康管理をメインとした仕事を行います。

 

もともと乳児期は少しの環境変化でも体調を崩しやすいため、
医師や看護師を配置しなければならないとされています。

児童養護施設にはこのような看護師の配置義務がないことを考えても、
乳児期はより看護が必要な状況にあるということが分かりますよね。

 

ただ、看護師の配置義務があるとしても、
決して数多くの看護師が配置されるわけではありません。

1~2人くらいの看護師でまかなっている
という施設が多いので、
比較的多くの責任が掛かってくるということになります。

 

責任はとても強くかかってはきますが、
逆にいうとそれだけ自分の能力を発揮しやすく、
存在をアピールしやすい職場ということにもなります。

子どもたちの健康管理がメインとはなっても、
他にもさまざまな仕事をこなす必要もあります。

 

たとえば健康診断や歯科検診などで
医師が外部から来るときにはそのサポートも必要ですし、
事務処理や書類作成などの雑務も任されることがあります。

保育士と共に子どものお世話もこなす必要もありますので、
フレキシブルに対応できる能力があり、
自分の力を発揮したいと思っている人に向いている職場なんですよ。

Comments are closed.