Posts Tagged ‘愛情’

愛情をもって子どもたちの養育に当たることが大事

osewa

osewa乳児院での看護師の仕事は、
看護技術を用いたケアが中心というよりは、
実は子どもたちのお世話がメインになる仕事になってきます。

看護師としての仕事よりも、
実際には保育士の仕事の方が近いのではないか?
と感じる事も多くなります。

 

例えば、おむつを替え、遊び相手になり、
時には食事のお世話をするといったことです。

でも、これは子どもが健康に育つためにはとても重要なことで、
さらに日頃から子供たちにこのような関わりあい方をすることで
健康管理がしやすくなるんですよ。

 

乳児院と言っても看護師だから、
バイタルチェックや健康管理だけ。
と思ったら大間違いなんです。

検温をしようとおもっても嫌がる子は多くいます。
ちょっとしたことでも走って逃げたり、
大人が傷つくような言葉を投げつけるような子供もいます。

 

どんなに親身になってお世話をしてみても、
一向に懐いてくれないという子どももいるかもしれませんよね。

乳児院で暮らしている子どもは、
一般家庭に暮らしている子どもよりは愛情の面は
やや欠けてしまっている状態です。

 

どんなに多くのスタッフが周りにいても、
自分の親から受ける愛情とはまた異なります。

親のようにとはいかないかもしれませんが、
看護師をはじめ乳児院のスタッフは子どもたちに
愛情をもって養育に当たることがとても大事なんですよ。

 

時には仕事と割り切る気持ちも必要ですが、
看護師という職業を通じて、
愛情を持った養育ができる人材が乳児院では求められます。